医療法人の退職金保険の活用

医療法人 コンサルティング事例-4

対策の結果

納税後に退職金準備の積立をしていたが、商品を活用することで損金化できることになった。
理事長の報酬を見直し、所得税が約4,800万円節約できた。
退職金規程の整備を行い、税引後の受取額(1億2,000万円)を想定した退職金準備ができた。

対策前の状況

  • 院長の勤続年数20年
最終の理事長報酬額 400万円/月
  • 6年後に1億5,000万円の退職金の支払いを予定

何もしない場合

利益に連動して出資持株の評価が今後さらに高騰することになる。
退職金支払時に発生する損金が多額のため、必要な退職金が受け取れない可能性があった。

対策で得られた効果

法人税の負担を軽減できた。
退職金規程に沿った退職金の準備するための原資(積立)額を確定できた。
6年後の退職時には、病院経営に影響を与えない形で退職金が受け取れるようになった。
  • コンサルティング事例
  • 役員退職金モデル規程・ひな形
  • 役員退職金シミュレーション