医療法人の出資持分の対策

医療法人 コンサルティング事例-6

対策の結果

退職金支払いの準備をし、出資持分の株価の高騰を抑制した。
利益を抑制し、法人税の納税額を約800万円減額できた。

対策前の状況

出資持分の株価が高騰しており、納税猶予制度の活用も検討したが、多額の贈与税を負担しなければならないため、対策を検討している。しかし、効果的な対策がないため困っている。

何もしない場合

年々、出資持分の株価が高騰する。
出資持分なし医療法人への移行も検討したが、出資持分の買い取りを請求することが想定され、払戻額や買い取り額が多額になるため断念した。

対策で得られた効果

出資持分の株価を高騰を抑制し、相続税の負担を軽減できる 。 
法人税の負担を軽減できる 。
  • コンサルティング事例
  • 役員退職金モデル規程・ひな形
  • 役員退職金シミュレーション