勇退退職と死亡退職の違いは?

勇退退職と、死亡退職の違いは?
退職金額として支払える金額、個人(または遺族)が受け取った際の税金が異なります。

退職金額の目安

在任年数、最終報酬月額、企業への貢献度(功績)を考慮の上、算定するのが一般的です。
在任10年 在任20年 在任30年 在任40年
60万円 1,800万円 3,600万円 5,400万円 7,200万円
80万円 2,400万円 4,800万円 7,200万円 9,600万円
100万円 3,000万円 6,000万円 9,000万円 1億2,000万円
150万円 4,500万円 9,000万円 1億3,500万円 1億8,000万円
※功績倍率は3.0で計算しています。また、功労加算金は含んでいません。

勇退退職金所得税 他の所得と分離課税されます。
所得税・住民税の対象になります。

退職所得控除額を控除した1/2の金額が課税対象になります。
(退職所得・分離課税)

死亡退職金相続税 他の相続財産と合わせて相続税の対象になります。

死亡退職金+弔慰金とすることで退職金として受け取れる額が拡大します。 また、死亡退職金には、「2つの非課税財産」があります。
死亡退職金には、弔慰金(非課税)を加算することができます。
死亡退職金には、弔慰金(非課税)を加算することができます。
弔慰金=非課税
業務上死亡:
死亡時の普通給与の36ヶ月分は弔慰金として非課税。
それを超える場合は死亡退職金として相続税の対象になります。
業務外死亡:
死亡時の普通給与の6ヶ月分は弔慰金として非課税。
それを超える部分は死亡退職金として相続税の対象になります。
さらに、死亡退職金には非課税財産があります。
さらに、死亡退職金には非課税財産があります。
非課税財産
法定相続人1人当たり500万円は非課税になります。
※個人名義の契約者として加入していた生命保険の保険金・非課税枠とは別枠の非課税財産になります。
自分の退職金はどれくらいもらえるのだろうか?と気になったら……
まずは適正な退職金額を知ることから始めませんか?
役員退職金シミュレーションを活用すると、次のようなことが確認できます。
  • 役員報酬に基づく想定退職金額
  • 税負担額(退職金に対する所得税・住民税)
  • 退職金手取額
  • 退職金積立不足額
  • 想定退職金額に対応した積立プラン例
「役員退職金額の決め方」をもっと知りたい方はこちら
注意すべきポイントを「Q&A」方式でまとめています。
お確かめください。
  • コンサルティング事例
  • 役員退職金モデル規程・ひな形
  • 役員退職金シミュレーション