どのように準備すればいいの?

退職金はどのように準備すればいいの?
適正な退職金額を試算し、計画的な積立と退職金規程を準備しましょう。
退職金は役員報酬に比べて、所得税の軽減になりますが、一度に高額の退職金を支払うことは会社の資金繰りや利益を圧迫するので、事前の準備をしましょう。
役員退職金準備リスト

役員退職金額の検討

役員退職金額・原資を準備

退職金規程等の作成

事業承継の準備、相続税などの税対策

事例

退職金準備をする前の状況

<企業情報>業種:人材派遣業 年商:29億円
10年後に現役員の退任が予想されるので、そろそろ退職金支払い準備をしなければならないと考えている。数年前、M&Aされた際に、前社長が退任していているが、退職金額をいくら支払ったのか履歴が残っておらず、親会社に役員退職金規程はあるが、当該子会社には退職金規程がないため、一から準備をしようと考えている

退職金を準備した結果

  • 役員4人分・20,000万円の退職金を準備することができた
  • 役員退職金規程が整備され、制度化することができた

事前準備により得られた効果

  • 退職金積立にかかる費用を損金化することにより、法人税の負担軽減が図れる
  • 会社決算に及ぼさない退職金積立準備ができる
  • 次期役員に対する指標になった

何も準備しない場合

  • 退職金額が高額になり、会社決算が赤字になる可能性がある
退職金を効率的に積立をしたい……
具体的にどのような準備をしたらいいのか知りたいと思ったら……
まずは適正な退職金額を知ることから始めませんか?
役員退職金シミュレーションを活用すると、次のようなことが確認できます。
  • 役員報酬に基づく想定退職金額
  • 税負担額(退職金に対する所得税・住民税)
  • 退職金手取額
  • 退職金積立不足額
  • 想定退職金額に対応した積立プラン例
  • コンサルティング事例
  • 役員退職金モデル規程・ひな形
  • 役員退職金シミュレーション