役員退職金のメリット

役員退職金の賢い準備Q&A
役員退職保険 一括見積り依頼
カンタン!役員退職金保険一括見積り
約15社の保険会社からまとめて比較・検討できます。
  • 約15社の保険会社からお客様のご意向に沿った資料をわかりやすくご提供します。
  • 20年以上の業界経験者を含む法人保険専門のチーム体制で、サポートいたします。
  • 3分程度でカンタン資料請求!ご相談、一括見積り費用は無料です。

役員退職金保険活用の4つのメリット

メリット1

万が一の時の大きな事業保障

事業資金や運転資金の不足、返済資金や死亡退職金支払いの原資の確保など経営者交代にともなうリスクから会社を守るために死亡保険金が必要となります。
メリット2

保険料の損金算入で法人税の税負担軽減

役員退職金の積立てとして内部留保すると損金処理できず、課税対象となります。一方、退職金支給時には高額の損金が発生することになり、単年度の業績を圧迫します。税制上、保険種類によっては生命保険料を損金処理できますので、保険料の全部または一部を損金で毎年処理していくと同時に、保険の解約返戻金という形で退職金の積立てができます。

【ご注意】
税法上の取扱いについては、本記事作成時(2017年1月)の税制に基づいています。税務取扱いが変更される可能性がありますので、具体的な税務処理を行う場合は、税理士などの専門家、または所轄税務署にご相談ください。
メリット3

解約返戻金や契約者貸付を利用して運転資金を確保

生命保険は、いつでもすぐに現金化できる優良資産です。緊急時には解約による現金化、または生命保険会社から保険(解約返戻金の所定の範囲内)を担保に借入れ(契約者貸付)ができます。

【ご注意】
契約者貸付は保険会社・保険商品により条件が異なります。また、時期によっては利用できない場合があります。
メリット4

退職金支払事業年度に赤字決算となるリスクを回避

役員退職金は高額となるので、退職金を支給した年に赤字をまねくなどの可能性があります。生命保険の保険金または解約返戻金を受け取ることで、当年度の利益に影響はなく現金が発生するため、運転資金に余裕ができます。
カンタン 役員退職金保険一括見積依頼
約15社の保険会社から役員退職金保険資料をわかりやすくご提供いたします。
プライバシーマーク制度に沿った運営により、お預りしたお客様の個人情報保護に努めています。
  • コンサルティング事例
  • 役員退職金モデル規程・ひな形
  • 役員退職金シミュレーション